証券経済学会

証券経済学会

大会のお知らせ

部会のお知らせ

入会案内

証券経済学会年報

証券経済学会賞

事務局からのお知らせ

HOME


証券経済学会年報

証券経済学会 第32号<1996年度>

証券経済学会創立30周年記念講演会
証券経済学会の歩み 代表理事 濱田博男
我が国資本市場の課題 日本銀行理事 本間忠世
我が国証券市場の現状と課題 日本証券業協会副会長 梅村正司

クレジットクランチ期における米国商業銀行の投資行動 柳井香織
管理通貨制度下の金融危機
―構造的不均衡の発現―
川波洋一
金融自由化と金融機関経営 及能正男
公募増資の情報に対する我が国の資本市場の反応 馬場大治
法人化現象と株式相互持ち合い
―エクイティ・ファイナンスの日本的基盤―
松村勝弘
店頭公開市場における初期収益率とディスカウント率 國村道雄
小林繁
金融恐慌と証券化処理
―我国における土地会社方式を中心に―
小川功
1935年銀行法と銀行の証券引受拡大策
―グラスによる資本市場復興策―
坂本正
株式会社論覚え書
―30周年記念報告「証券経済研究の課題」―
後藤泰二
ヴェブレンにみる株式会社論の方法
―『営利企業の理論』における経営者像―
岡部洋實
株式時価発行にともなう創業者利益の発生と株式プレミアム(要旨) 生駒道弘
株式持合いの変化と企業集団 宋成烈
日韓大企業の株式所有構造の比較・研究 崔聖伯
金融システムと株式保有構造 川北英隆
株式保有構造の日米比較
―試算による統計比較―
北條裕雄
企業集団と株式所有構造 島田克美
株式持ち合いの変化と株価形成
―銀行を例として―
鈴木誠
大村敬一

第45回全国大会統一論題「変革を迫られる株式所有構造」
概要 奥村宏
米澤康博
「日本的雇用」と証券業 清水葉子
戦後日本におけるエクイティ・ファイナンスの拡大 山根寛隆
ヨーロッパにおける新市場設立の動き
―AIMとNouveau Marche―
吉川真裕
ドイツのマネーサプライの乱高下
―1994年_96年のマネーサプライ―
岩見昭三
子会社上場の一考察 佐藤猛
日本企業の配当政策の特徴
―1960年代を中心として―
落合孝彦
個人投資家のリスクに対する態度
―アンケート調査とインタビュー調査―
水野博志
韓国の金融再編成と証券業の変化 宋智永
イギリス生命保険業の発展と個人貯蓄 斉藤美彦
社債決済システムのあり方 藤原英郎
資本市場空洞化論に関する一考察
―日経225先物取引について―
神木良三
明治の証券市場論 鈴木芳徳
創業者利得と株式プレミアム 中村通義
アメリカの年金基金と証券市場
―コーポレート・ガバナンスに関連して―
三和裕美子
コーポレート・ガバナンス論の展開
―わが国はアメリカにおける議論のどのような点を参考にするか―
今西宏次
CAPM:資産の市場と株式市場 久保田敬
竹原均
ジャガナサン ラビ
資本市場のリスク配分機能 テキ リンヨ
金融市場とガバナンス 坂本正
マーケットメカニズムとガバナンス規制のあり方 森田章
証券市場の不完全性とガヴァナンス
―日独比較―
小山明宏
企業集団支配とコーポレート・ガバナンス論 坂本恒夫
第46回全国大会 統一論題「証券市場とガバナンス」
概要
深町郁弥
大会および部会の概要 高橋昭三